お知らせ

2020/05/18 17:00

痛みの改善について思う事

 痛みとは筋肉が緊張して縮み硬くなると、筋肉内の血管がつぶされて血行が悪くなる。すると筋肉内の神経から電気信号が飛ばされて痛いと脳で感じるそうです。つまり元をたどれば、筋肉が緊張し続けなければ痛いとは感じないという事になります。そして骨には痛みを感じる神経の先っぽがないので痛みを感じないそうです。筋肉の緊張、筋肉が硬くなり血行が悪くなる。ただそれだけが痛みの原因だというのです。

 どうでしょうか皆さん実感はありますか。肩こりや腰痛の方、頭痛や40肩や50肩、そのほかには筋肉痛など痛い時は筋肉が硬くなっているのを体感されていると思います。

 という事はその痛みを改善するには硬くなっている筋肉を柔らかくすればいいとなりますね。皆さん筋肉を柔らかくする方法をご存知でしょうか。私がおすすめしたい方法は二つあります。

 

 筋肉を柔らかくする方法一つ目のおすすめは、動き方です。これを語りきるには長文に次ぐ長文になり、最終的にわからないと思われて終わると思うので、というかそう言われた事があるので、簡単にお伝えしますけど。それは、力を抜いて動き出すという事です。最近よく脱力とか言われているアレです。私の中ではとても素晴らしいです。何が素晴らしいと感じるかと言いますと、これって体の構造的に基本原理におまかせして動けているなと感じるところです。でも、かなりの意識の変化が必要なようでサッカー仲間にこれ凄いからと伝えても、分かるけど出来ないと言われたことがあります。確かに少し前までの運動理論やスポーツ理論とは逆の意識をしないといけないものなので難しと思われるかもしれませんが、実は簡単な事なのです。変な事言わせてもらいますが、やろうとしなければ出来るのです。あとはイメージを持っていれば体が実現してくれるのです。って感じのものなのです。もっとお伝えしたいのは運動すると体調が良くなるよと言うことです。運動して痛くなるのは使い方を間違ってますよと伝えてくれているだけです。とお伝えしたいです。ほら簡単にしたかったのに長くなっちゃいました。まだ書きたいですが…。

 

 運動なんてする気ない。という人には二つ目の方法です。痛い筋肉に指先を置いて筋肉を伸び縮みさせれば筋肉が柔らかくなって痛みが改善されるのです。この技術を知った時「それだけで良かったんかい!」ってなりました。4つほどポイントがあったりするのですが、簡単に言うとそれだけで筋肉が柔らかくなります。

 ここで私的に興味深所がありまして、それは、自分で自分の腰にする為に考えられた技術なんですが、自分にやってみる時のアドバイスに肩の力を抜くようにと伝えられるのです。私の興味のある脱力がポイントになってるんです。それを知った時「わぁ〜!やっぱり脱力なんだ。」とひとりで興奮しちゃってました。

 

 そんなこんなで他にも共通点を見つけて面白いなと思っているので次回はそんな事をお伝えしたいです。